未分類

平成20年度ハートフルパーク事業 実践活動(花の植え付け)

事業目的
本公園は、美しい景観を眺められる丘陵地帯である反面、園内の高低差がハンディキャップのある方々に来園しにくいのではないか、という危惧を抱かせてしまう地形でもあります。
高齢者や身障者の方々にも本公園を幅広く利用していただける様、「公園の平等利用」の理念を掲げ、具体的にどの様な対策を講じるべきかをハンディキャップを持つ方々の目線で検討し、‘ハートフルパーク’の実現に努める目的を以(もっ)て本事業を開催いたしました。
 

 

 平成20年度ハートフルパーク事業  実践活動(花の植え付け)

081215hp_1
12月15日(月)、近隣の福祉関連施設(団体)の方々が来園されました。今回は、パンジーやチューリップの球根などをレイズドベッドに植栽していただきました。

 
081215hp_2
温かみのある色合いで冬の花壇を彩ります。
081215hp_3
花苗の間にチューリップの球根を植えていきました。


081215hp_4
植栽後、記念のプレートを立てました。
081215hp_5
最後に記念撮影を行いました。



このレイズドベッドは、パークセンター前に設置しています。

春になったらチューリップが咲いて、一層華やかな花壇になると思いますので、皆さんも是非見に来てください。